アキノウナギツカミ(秋の鰻攫・タデ科イヌタデ属)

アキノウナギツカミ
アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)の花です。
西の河原公園鬼の相撲場碑のある池の周辺でたくさん咲いております。
各地の湿地や水辺で普通に見られる花ですが、
名前までは分かりませんでしたので調べてみました。
多く枝分かれして、つる状に伸び、長さ1m前後です。
枝先にまばらな穂を出して淡紅色の小さな花をつけます。

アキノウナギツカミ
名前の由来は、秋に花が咲き茎に生えた刺で、
鰻が攫めそうだということから由来します。
本当に掴む事が出来るのか、試してみたいですね(笑)

アキノウナギツカミ
池の周辺で多く咲いております。

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ

 

アキノウナギツカミ
花は、開いているのは、ほとんどありませんが、珍しく咲いている花がありました。

 アキノウナギツカミ
拡大してみました。

アキノウナギツカミ

当館から歩いて行ったとしたら、西の河原露天風呂を超えて、さらに奥に行ったところにございます。
秋のいろんな花が咲いてます。是非、お出かけくださいませ。


ポチッと、押して応援をお願いすますm(_ _)m
 ↓↓↓      ↓↓↓
 にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ 温泉ランキング

草津スカイランドホテル・栖風亭(せいふうてい)