驚くべき!イワカガミの越冬術

イワカガミ

草津森の癒し歩道ロイヤルコースで、
初夏に楽しませてくれるイワカガミです。
最初、黒い葉は落葉しているのかなと思いましたが、
冬でもイワカガミは枯れる事なく、葉が残っておりました。
黒色に近い暗い赤紫色の葉に変化しておりました。
不思議ですね。

 

イワカガミ
何故なのかとインターネットで調べてみました。
いろいろと難しい言葉で説明されており、
良く分かりませんでしたが、私なりに解釈してみました。
そういえば、イワカガミは、森の癒し歩道では木陰によく咲いております。
もしかすると光に弱い植物かもしれません。
冬になると木の葉が落ち枯れ木になって、太陽光をもろに浴びてしまいます。
この強い光によって障害を受けにくくするために、
葉に暗赤紫色に変化をさせ、葉緑体を守ってくれているのだと思いました。
間違っていたら、申し訳ございません。
そして、冬の寒さによって、紅葉に似た現象で葉の色も変化します。
これを霜葉(そうよう)と呼ぶそうです。
春には、雪が解け、新緑が生い茂り、葉の色も緑色に変化して行くのでしょう。

イワカガミ
初夏には、まるで鏡の様にツルツルした緑色の葉になり、こんな花が咲きます。

雪が降り、積もり始めるとご覧頂けない、
今ならではのイワカガミです。

草津森の癒し歩道

草津森の癒し歩道

草津森の癒し歩道

草津森の癒し歩道ロイヤルコースです。
すっかりと落葉しましたね。
こんな時期でも、いろんな事が発見出来る不思議な森です。

雪が降る前に是非、草津森の癒し歩道で、ご覧くださいませ。


ポチッと、押して応援をお願いすますm(_ _)m
 ↓↓↓      ↓↓↓
 にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ 温泉ランキング

草津スカイランドホテル・栖風亭(せいふうてい)