ツルツル路面にご注意ください 2019年12月31日

つるつる路面
こちら、今朝撮影した当館の駐車場です。
路面の表面が融けて、つるつるとなり、
滑りやすく、非常に危険な状態です。
今朝(12月31日)の気温は、草津温泉にしては暖かくて、
道の駅で6時現在で5℃でした。
平野部の方にとっては、普通の冬の気温でしょう。
草津温泉の大晦日と言えば、
氷点下のとても寒いイメージがありますが、
異常に暖かく感じます。

道の駅
こちら、今朝6時頃に撮影した道の駅です。


恐ろしい事に、今夜はー6.5℃まで気温が下がる予報になります。
表面で融けた水が凍って、路面がスケートリンク状になる事が予想されます。

特に、歩行の時に注意が必要です。
そこで、過去にツルツル路面で転ばないコツを
まとめた事がありますので、ご覧ください。

★つるつる路面を転ばないで歩くコツ★

1.小さな歩幅で歩く
歩幅が大きいと足を高く上げなければなりません。そうすると当然、重心移動(体の揺れ)が大きくなり、転倒しやすくなります。滑りやすいところでは、基本的に小さな歩幅であるきましょう。

2.靴の裏全体をつけて歩く
雪みちを歩くときは、重心を前におき、できるだけ足の裏全体を路面につける気持ちで歩きましょう。道路の表面が氷状の「つるつる路面」では(1)小さな歩幅で、(2)足の裏全体をつけて歩く「すり足」のような歩き方が有効です。ただし「すり足」といっても、完全に地面を擦りながら歩いているとつまづきの原因にもなるので、軽く足を浮かせて歩きましょう。

3.急がず焦らず余裕を持って歩く
いくら歩き方を理解したつもりでも、急いでいる時は忘れがちになります。ケガをしないで楽しい冬を過ごすためには、冬は夏より移動に時間がかかることは仕方がないと思って「余裕をもって」行動し、「急がず、焦らず」に歩くことが大事です。「余裕をもって歩く」ことで、しっかりと「滑りそうな道」を見分けながら歩くことができます。しっかり滑りそうな道を見分けることも、転倒しないためには非常に重要です。

歩き始めと歩く早さを変える時は要注意!
横断歩道などで止まっている状態から歩き始める時や、歩いている途中で急ぎ足になったり、急に速度を遅くするなど、歩く速さを変える場合には転びやすいので注意が必要です。

こちらの動画も参考になります。

北海道の札幌で、雪道を安全、快適に歩く総合サイトがございます。
非常に参考になりますので、ご覧いただければと思います。
http://tsurutsuru.jp/index.html

怪我のない楽しい草津温泉への旅をお楽しみ頂ければ幸いです。


ポチッと、押して応援をお願いすますm(_ _)m
 ↓↓↓      ↓↓↓
 にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ 温泉ランキング

草津スカイランドホテル・栖風亭(せいふうてい)