ミヤマトウバナ(深山塔花)シソ科トウバナ属

ミヤマトウバナ
ミヤマトウバナ(深山塔花)です。
草津森の癒し歩道サイクリングコースと
ロイヤルコースの間の道で、たくさん咲いておりました。
こちらをiPhoneの花認識アプリ「花しらべ」で撮影したところ、
イヌトウバナという花を候補に認識されました。
私もこれだと、思いました。
しかし、よく調べたところ、このトウバナ属の花は、
トウバナ、ミヤマトウバナ、イヌトウバナ、ヤマトウバナなどの種類がある事が分かりました。
イヌトウバナは、花冠は白色に淡紫色を帯び、茎や萼に長い毛が多いこととの事でした。
この花は、全体的に真っ白で、毛はほとんどありません。
山地の木陰に咲く、毛が少なく、花が白い。
中部地方より西側に多く咲くのが、ヤマトウバナ、
北側に咲くのが、ミヤマトウバナという事まで分かりました。
これは、きっとミヤマトウバナだと思います。

そして、イヌトウバナではない事を決定するのは、葉の裏側を見れば分かる様です。

ミヤマトウバナ
イヌトウバナの葉の裏側は、明らかな腺点が多いとの事ですが、これはないですね。
腺点とは、葉や茎の表面に見られる粒状のもので、
多くは匂いを持つ物質や粘液などを分泌するそうです。

ミヤマトウバナ
草津森の癒し歩道では、いろんな花を発見出来ますね。
パッと見ただけでは、わかりませんが、写真をクリックして
拡大画像をご覧になると、花が咲いているのが分かるかと思います。

ミヤマトウバナ
だんだんと近寄ってみます。

ミヤマトウバナ
上から撮影したイヌトウバナです。

ミヤマトウバナ
横から撮影した画像です。

ミヤマトウバナ
花の拡大画像です。

ミヤマトウバナ

ミヤマトウバナ

ミヤマトウバナ

トウバナ属には、トウバナは、段々と重なった花が塔の様に咲くので塔花と名付けられました。
その中でも深い山地に咲くので、深山塔花(ミヤマトウバナ)と言うのでしょうね。
イヌトウバナの場合、イヌは「異ぬ」の事で、トウバナとは異なるという意味です。
イヌゴマの花の紹介の時も使われておりましたね。よく使われる表現です。
花の名前が分かると、草津森の癒し歩道での森林浴も何十倍も楽しくなりますね。


ポチッと、押して応援をお願いすますm(_ _)m
 ↓↓↓      ↓↓↓
 にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ 温泉ランキング

草津スカイランドホテル・栖風亭(せいふうてい)