イブキジャコウソウ(伊吹麝香草・シソ科ジャコウソウ属)

イブキジャコウソウ
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)の花です。
当館の駐車場入り口付近で、にたくさん咲いております。
滋賀県の伊吹山に多く自生するところからこの名がついています。
かつて、小田信長は伊吹山に薬草園を作りました。
このイブキジャコウソウは、代表的な薬草だそうです。

イブキジャコウソウ
雄のジャコウジカから採れる動物性香料の
麝香(じゃこう)はとても高価ですが、
これに似た香りがすることから、
伊吹麝香草と呼ばれているそうです。
小田信長もこの香りをこよなく愛したそうです。

イブキジャコウソウ
ハーブでは、クリーピングタイムと呼ばれております。
手に取ってみると、ハーブの様な清々しい香りが漂いました。

イブキジャコウソウ
生薬名は、百里先まで香りが漂うということから
[百里香」(ヒャクリコウ)といいます。
そんなに遠くまでは、匂わないと思いますが(笑)

イブキジャコウソウは、発汗、収斂、強壮、利尿作用があり、
カゼや熱、頭痛、咳、痰に、湯呑に入れて熱湯を注いで用いるそうです。
また、香り付けの目的で浴剤に配合されます。

イブキジャコウソウ

 

イブキジャコウソウ

イブキジャコウソウ

イブキジャコウソウ
調べてみると面白いものですね。

当館にお越しの際は、是非、ごらんくださいませ。


ポチッと、押して応援をお願いすますm(_ _)m
 ↓↓↓      ↓↓↓
 にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ 温泉ランキング

草津スカイランドホテル・栖風亭(せいふうてい)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください